カウンセリングワークショップ


※このワークショップは「ラポールと身体知」を受講していただいたあとに受講可能です。
はじめに「ラポールと身体知」のおさらいもします。

聞くことの練習をするワークショップです。
声のトーン、動き、言葉の扱い方、文脈を手掛かりにしながら、どうすればその人との会話を深められるのかを考えていきます。
講座の中でやることはシンプルです。
参加者は四人前後。聞く人一人と話す人一人、その他の方々は見る人になります。
一回五分程度です。
この組み合わせを順々に交代しながら進んでいきます。

話す人は好きなように話します。
聞く人はそれを聞きます。
話すことはなんでも構いません。もし話すことが見つからなくても構いません。
聞く人にとってそれはとても良い練習になります。

見る人の立場にあるときが最も重要です。
自分がもし聞く人であったら、と思いながら見てください。
そうすると、実際の聞く人とは違う反応をするはずです。
どちらが良いかはわかりません。ただ、違いを知ることができます。
頷きや返答、質問は多くの場合、自動的になされています。
見る人である場合は、反応をする必要がないので、いつも自分が無意識にしている反応に気がつくことができます。

無意識の反応の中には、自分の無自覚な感情があります。
困惑、焦り、相手の発言に対する批判的な気持ちなど……
その気持ちが相手の話をそのまま聞くことを妨げ、相手には話が通じない人だという印象を与えています。
このワークショップは、その他人との会話の流れを妨げているものを取り除いていくことをする場ともとれるかもしれません。

自分自身の反応を省みるのに、自分の体の微妙な動きが手掛かりになります。
そのため、このワークショップは「ラポールと身体知」を受講されてからの方がスムーズに理解していただけると思います。

ワークショップの感想をtogetterにまとめてあります。
「カウンセリングワークショップ」 参加者の方の感想まとめ

【開催日程と会場】
開催の日程と会場はブログ右の講座のスケジュールをご覧ください。
スマートフォンの方は下に表示されます。
【詳細】
定員
 4名
時間 3時間から4時間ほど
受講費 8000円(二回目以降の方は5000円)
お申込み方法 la.flambee@gmail.com までご連絡ください。
*携帯メールから送られる場合は、こちらのアドレスからのメールの受信が可能な状態に設定しておいてください。返信が出来ない場合、参加のお申し込みを受け付けることが出来ない場合があります。
必要なもの 喉が乾くので飲み物をお持ちください。
服装 動き易いものである方が楽に受講出来ると思います。