月別アーカイブ: 2014年1月

学ぶことについて

野口晴胤さんの平均化訓練に行ってから、学ぶこととはなんだろうかと考えることが多い。
二十代半ばでカウンセリングを学ぶためにある先生の弟子みたいなものになった。ただ憧れるがままに、先生と同じことが出来るようになりたいとそばに居続けた。薄給と長時間の労働であっても、何も疑うことなく働き続けた。カリスマ性のある人物の表も裏も知りながら、どうにかその技術を身につけたいという一心であったように思う。
そのときに似た憧れのようなものをその後初めて感じている。ただ美しいと思い、何かにつけて思い出してしまう。もしその人だったら、今はこうするはずだろう。そんな思考が勝手にされてしまって、勝手に身体がそう動いてしまう。

結局、先生の技術の中の僕が得たいと思っていたものは、先生を離れてスカウトやナンパ、催眠術をし続けたときに得ることが出来た。別れてからは毎日先生の姿を夢に見た。自分でカウンセリングをするようになって、しばらく経ったときに夢に見ることはなくなり、ふと思い出すことも少なくなった。
しかし、学ぶことについて思いを馳せれば、こうして思い出すわけだから、大きな影響を与えてもらったことには変わりはないということだろう。

しかしそれはとても非効率的な学び方であったと今では反省している。人生に一度はそういうことがあってもいいだろう。しかし、二度とあってはならない。生きるということに対する目的のなさ、寂しさ、宙ぶらりにされた感じがカリスマ性のある人物に自分を惹きつけてしまう。

かといって、対立してもいけない。先生の持っているものを受け取れる状態である必要がある。自分の今まで得た技術と照らし合わせながら受け取ろうとすることほど愚かなことはない。ただ教えてもらうがままに受け取り、それを自分の身体に流していく。そうすることはとても難しい。それまでの自分を保とうとすれば、先生に反発をすることになる。受け取り方を微妙にでも間違えれば先生に依存する。そして、質問ばかりを繰り返すことになるだろう。

質問をすることほど愚かなことはない。
それは「どのようにでもいいので、僕を救ってください」というメッセージでしかない。
質問をしそうになったとき、依存しかけていることに気がつかなければ、そのまま何もない泥沼の中にずぶずぶと沈んでいってしまう。
僕もカウンセリングの先生にはたくさん質問をしていた。先生に気に入られるために、自分が分かっていると分かってもらうために、先生との関係性を築くために。全てが不自然な発話だった。視野が狭くなっているときにはそんなことには気づかない。若い人でも、年をとった人でも同じことだ。質問をしている人はいつも醜い。
教える側が教える気があれば、力を出し切って学ぼうとしている人にはすっと身体が近寄って、教えるべきことを教えてしまうものだ。それは僕が人に何かを教えるときもそうだ。

質問はしない。ただ見るだけ。見るのは一瞬でいい。その後は、思い出すがままにし続けて、見出される必要だと思われることをし続けることが、質の良い学びをするのに必要なのかなと思う。

週刊フラッシュ “今蘇る「ナンパ」黄金時代”

今週の週刊フラッシュの“今蘇る「ナンパ」黄金時代”という特集に少しだけ出ています。
僕のはさておき、ナンパカメラマンの方々の話は異性との関係性を深めるにあたって、とても参考になると思います。
非常識だけど、頭の良い人だけが持っている口説き術って感じで。

ナンパ講習

ナンパの仕方を他人に教えたのは三年ほど前、「ラポールと身体知」を初めてやったときだった。ツイッターにはナンパクラスタなど存在していなかった。僕は他のナンパ師のブログなどもほとんど読まなかったから、ただ一人で黙々とナンパをし続けていた。そんなときに人から提案をしてもらって、講座をやった。その頃はツイッターでナンパした女性との営みを実況したりしていたので、すぐに人が集まった。ツイートをしていたので、実際にしているという信憑性もあり、またただセックスしたというだけでなく、そのときの自分自身の葛藤なども文章にしていたからか、講座にはナンパをしない普通の人たちが集まっていた。女性も多かった。

しかし、僕には他人に伝えるためのナンパのノウハウなどはない。ただ毎日ナンパとスカウトをしていただけだ。大学を中退してカウンセリングの先生の弟子になったものの、先生のもとからも去り、開き直って好きなことだけをしていた時期だった。毎日飲み歩き、どんな女性にもセックス目的で声をかけていた。家の近所にいた言葉の通じない中国人ともセックスをしていた。その日のセックスのためによく分からないおばさんを酔っ払って夢中で口説いていたこともあった。セックス中毒だったが、知らない人とセックスが毎日出来ていることを本気で誇りに思っていた。殆ど毎日セックスをしていると変な高揚感が生まれる。コミュニケーションが上手いと自惚れていたし、一度のセックスが終わるとすぐに新しい人を探しにいくので女性は物のように扱っていた。長期的な関係などは視野に入れていない。セックスをすれば、もう関心がない。はじめから、セックス以外には関心がなかったように思う。セックス自体も心地良さは感じていなかった。ただ安心するような感覚だけがあった。僕はセックスが出来て、他人に拒まれていない。それだけが生きる支えだったように思う。それは相手の女性の温もりではなかった。

その頃の「ラポールと身体知」は僕のナンパの話を延々とするというものだった。今は心身の繋がりを感じてもらうトラウマセラピーのようなものになっているが、トラウマに毒された酷い人間が意気揚々と酷いことをしたことを話すというものだった。その当時から催眠術を身につけていたので催眠術を少し教えたり、全体に催眠誘導をしたりしていた。今から考えると、ただの気狂いである。気狂いであったがゆえに多くの人が見に来てくれていた。気狂いの見世物である。

催眠術も、スカウトやナンパで知り合った女の子にかけ続けていた。僕はそもそも女の子と話したかったわけじゃない。セックスが出来ればよかったから、催眠術をかけてセックスするところまで手っ取り早く誘導したりもしていた。イメージとしては、よく効くお酒のようなものだ。一緒に飲んで、催眠をかけて、更にトランスに導いたところに性欲や他人に対する依存心、寂しさを引き出すように会話をしていた。はっきり言って、他人に対するコントロール欲求しかなかった。

スカウトをしながら、ナンパの講座をしていた中、カウンセリングをして欲しいという要望があったので、カウンセリングをした。それからナンパを教えて欲しいという依頼もあったので、カウンセリングの時間の中でナンパを教えたりもした。これがきっかけで路上のナンパ講習をするようになった。

ナンパ講習後はいつもぐったりしていた。ナンパをしたことがある人は分かると思うが、腕のない人とナンパをするととても疲れる。ナンパは街の中で自分を律して、狂気を発現させて、声をかけ続ける行為だ。腕のない人は僕のエネルギーを吸い取って、どうにか声をかけようとする。三時間の講習の後は目の下にクマが出来ていた。講習後に友人と会うと、心配をされた。あまりに活力がないからである。受け答えもまともに出来ない廃人のようなときもあった。

ナンパ講習に来る人たちは自分で自分を変えられない人だ。僕はナンパはほとんど一人でやっていた。上手くいかなかったら悔しくて、次の日はどう声をかけるかということをずっとシミュレーションしていた。デートもそうだ。酷い振られ方はたくさんした。失敗したら何がいけないかが分かる。僕の場合は大体が他人に対する依存心が露わになってしまったときに失敗していた。女の子に甘えてしまう。そうすると上手くいかない。だから、甘えないように、自分の気持ちを閉ざして、出来ることをやり続けるようになった。女の子とのデートはガラス越しに相手を見ているようだった。今のように、同調して相手の状態を自分の身体で感じるということなどは一切なかった。自分の目的のためなら、上手くいくための方法を必死で模索するものだ。だけど、ナンパ講習に来る人たちは違う。彼らの殆どは立ち止まって考えること、反省することをしない。それをするくらいなら、他人に上手くいくやり方を聞くという選択をする。そういう人を相手にすれば、どんどん精気を吸い取られていってしまう。

だけど、自分にはナンパ講習をする意味があった。彼らがナンパをしている姿を見ていると、ナンパとは何かということが見えてくる。一人で淡々と声をかけ続けていたときには見えなかった、客観的な自分の姿が見える。こんなにも街の中で違和感があって、嫌がられていて、必死で、周りが見えていなくて、声をかけた相手さえ見えていない。そして、自分自身のことはナンパが上手くいくかどうかだけしか考えられない、視野狭窄の状態になっている。パチンコを必死で打っている人と変わらない。

そういうことが分かっても、まだ僕はナンパを辞められなかった。新しい女の子とのセックスがないとそわそわして、街の中で女の子を見てしまう。それを我慢すると、自分が根性なしで、他人と接する能力がなく、誰にも相手にされない人間であるかのように思ってしまう。それを癒すのはセックスしかなかった。

そういう自分を決定的に変えることになったのは気功とピラティスだと思っている。ナンパ講習で疲れ切っている状態を見てか、江坂さんが気功を教えてくれた。はじめに教えてもらったのはスワイショウとタントウ功だった。スワイショウで自分の中に溜まった疲れをとり、タントウ功でエネルギーを溜める。自分に合っていたのか、はじめて喫茶店で少しやったときにはその効果にびっくりした。気功で身体に関心を持つようになった。その後、葉坂さんには下半身が弱いということを指摘された。しかし、下半身をしっかりさせるともうナンパが出来なくなるかもしれないというようなことも言われたように思う。僕はそんなことは特に気にせず、ピラティスを教えてもらった。初めてレッスンを受けたときはびっくりした。足がしっかりと地についている感じ。それから、地面からの反発を足が感じるようになった。僕はそれまで足を全く感じていなかったのだ。

地に足がつくという言葉がある。それからは他のナンパ師などを見ると、身体がしっかりとしていないことに気がつくようになった。皆、どこかふわふわとしていて、他人をどうにかしようと力んだ目と、作り笑いを浮かべている緊張した頬だけが目につく怪物のように見えた。僕もそうだったのだ。言葉で他人をどうにかすることばかり考えていて、自分の全体の身体の動きなどは考えたこともなかったのだ。

ナンパ講習もそうした僕の変化につれて、ナンパを上手くなるものから、ナンパを心ゆくまでして、それからは自分自身のしたいことに集中出来るようになるものへとやり方を変えていった。僕自身もナンパをせずに一人で家にいたりするようになると、自ずと自分のことをゆっくりと考えるようになる。早く新しい女の子を手に入れるということを考えるのではなく、自分とは何だろうかと考えながらぼんやりとすることが多くなった。そうすると、いかに自分が女性や他人に依存していて、尚且つ、どれだけ女の子とセックスをしても他人が怖いということは一向に変わらないということを見つめざるを得なくなった。

その後も気功やピラティスは毎日続けて、自分自身の変化を感じれば感じるほど、心身の関連性に気がつくようになってきた。ナンパ講習もそれに伴って自然と身体動作と心理状態の変化に焦点を当てたものになる。そのやり方が偶然にもトラウマセラピーのメソッドと酷似していた。その辺りの勉強をしたりもして、ナンパ講習がトラウマセラピーになっていった。
つまり、ナンパが上手くいかないのは他人への恐怖心があるからであって、恐怖心によってぎこちない動きをしてしまい、他人に相手にされない。それを自然な動きに変えていこうというものである。自然な動きにするには、動きを学ぶ必要もあるし、自分の恐怖心によって緊張している身体の部位を知る必要もある。

オタク気質だからか、そういった心身の関係にはまっていって、毎日気功とピラティスを繰り返していると、女性には知らない間にあまり興味がなくなっていった。そして、自分の緊張した部位を解放するたびに、自分で見ないようにしていた自分の嫌な記憶などを発見していった。

セックスも丁寧になったように思う。以前は一回やれればいいという考えだったが、この人とは何回もしたいと思えるか、そして、する度にその人のことを理解出来るようになるだろうかと考えるようになった。自分が他人から拒絶されないかという不安からセックスすることがなくなったように思う。

ナンパ講習をやめたので、折角だから講習のことでも書こうかと思ったら、自分のセックス依存症について書くことになった。自分にとってナンパとセックス依存症は切っても切れないものだから仕方がないのかもしれない。重要な変化のポイントは、江坂さんに気功を教えてもらったことなのだろうと思う。葉坂さんのピラティスも含めて、僕はボディワークに救われた。

ナンパ講習をしているときも、教えた人たちがナンパを辞めるのを知るたびに焦っている自分がいた。教えた人は辞めるのに、僕はなかなかナンパもナンパ講習も辞められないという…。余程根が深かったのだろう。今はおかげさまで幸せだ。毎日身体を整えて、カウンセリングをして、好きな人と会って好きなことをしている。

今でも雰囲気のある人に声をかけることは好きだ。魅力のある人と知り合って、互いのことを伝え合えるのは嬉しい。だけど、自分の頭の中からナンパという単語はほぼ消えている。ナンパという単語が頭にある限り、他人に声をかけて上手くいかなければ自分の価値を認められないという強烈な暗示にかかっている。その暗示を解くには、場合によってはナンパを上手くなって、人に教えて、ボディワークをして…という道のりが必要なこともあるのかもしれない。

今は次は何をしようかと思っている。平均化訓練にはまっているし、依頼を頂いた本の執筆をしたりもしていて、案外忙しい。だけど、ちょっとしたきっかけで始まったナンパ関連のことがなくなって、なんだか日常の見方が変わってしまっていて戸惑うこともある。街を歩いていると全然気分が違うし、見る場所も変わった。街は街になった。女の子に焦点は当たらない。女の子は僕を救わない。よく考えたら当たり前のことだけど、分かるのに時間がかかった。余程ナンパに熱を上げていたのだと思う。