月別アーカイブ: 2011年10月

[]11月10日(木)にナンパ、催眠、カウンセリングを絡めたコミュニケーションのワークショップをします。

11月10日(木)にコミュニケーションの講座『ラポールと身体知』を開催させていただきます。

これまでの講座の中で、どのような話をするべきなのか、そして、僕が伝えられるものがあるとすればそれはどんなものなのかを考え続けてきました。
その中で、段々と身体感覚に焦点を当てるようになりました。
そして、一回目はナンパ講座としてはじまりましたが、次第にナンパに限らないコミュニケーションの講座としてやらせて頂くようになりました。
そうすると、コミュニケーションをテーマにしているからには、実際にワークをやって頂いて、身につけて頂く必要もあると思い、催眠術を取り入れたワークなどを取り入れたりしてきました。

僕自身の職業も変わっていきました。
キャバクラのスカウトやナンパを教える人から、催眠術を教える人、催眠療法をする人、カウンセラーという感じに。

今回の講座ではナンパに限らない、より一般的なコミュニケーションと、カウンセラーとして自分自身を良いコンディションに保つための僕なりのやり方をお伝えします。

もしご興味あればご参加下さい。
以下に詳細がございます。

『ラポールと身体知-他者と自分の心を知るためのワークショップ カウンセリングと催眠術を中心に』

恋愛、仕事、家族、友人との人間関係、その他、人と関わりあう場面で、
伝えたい事が伝えられなかったり、
何を言えば上手にコミュニケーションが取れるのか、わからなくなった経験はありませんか?

この講座では、
講師の高石自身が、カウンセリングや催眠術の理論を学び、実際にカウンセリングや催眠療法、ナンパをし続けてきた中で感覚的に捉えてきたテクニックを総合し、
自分が相手とどんな関係を持ちたいのかを的確に把握し、
そして、相手にそれを受け入れてもらうための、コミュニケーションの技術を、ワークを通じてお伝えします。

ここでお伝えしているのは、
「コミュニケーションのHOW TO本」に書かれているような一般的な方法とは異なり、
身体的な感覚を通じて、自分と他者とを深く知るための方法です。
それは働きかけのテクニックというよりも、自分自身を深く知ることで、他者と適切な関係を結べるようになる、自分をコントロールするための方法です。
それを、頭で理解するのではなく、カウンセリングや催眠術のエッセンスを取り入れたワークを通じて身体で感じて頂きます。

―自分自身の心の変化をより深く感じることで、他人と繋がる方法を見出す―
自分を知りたい、他者を知りたいという気持ちを、日常生活で素直に活かす方法を身につけてみませんか?

====

これまでの「ラポールと身体知」には、
コミュニケーションに苦手意識のある方はもちろん、
ナンパが上手くなりたい方、催眠術を学んでいる方にも参加して頂きました。

今回のワークショップも、

・頑張らずに気楽に人付き合いが出来るようになりたい
・他人を自然と動かせるようになりたい
・催眠術を覚えてみたい
・ナンパに関心がある(ご質問頂ければ、ナンパのこともお答えします)

という方にオススメです。

※また、本講座の中では、ワークを通じて、初歩的な催眠術も身につけて頂けます。
催眠術をかけたり、かけることに興味がある方にも楽しんで頂けます。

====

[日時]
11月10日(木)19時00分~23時(18時30分開場)

[場所]
赤坂見附駅付近になります。
場所の詳細は参加申し込み後にご連絡させて頂きます。

[参加費]
4000円

[定員]
10名

[お申込み方法]
僕のツイッターのアカウントか、la.flambee@gmail.comまで日時をご指定の上、ご連絡下さい。

[]11月20日に催眠術ワークショップをやります。一日で催眠術が習得できます。

11月20日(日)17:30より催眠術のワークショップをさせて頂きます。
これまでの『ラポールと身体知』に参加して下さった方か、僕の催眠術の個人講義を受けて下さった方のみ参加可能の講座になります。
これまでの講座の参加者の方々から、参加者限定の講座について要望を頂いて、考えた結果やらせて頂くことになりました。
『ラポールと身体知』から更に進んだ他者への働きかけの方法をお伝えします。
内容はほぼ催眠術のレクチャーです。
僕も今まで催眠術の講座を受講してきましたが、通常20万円ほどかかる内容を凝縮してお伝えいたします。
もちろん、参加者の方には催眠術が出来るようになって頂くことが目標です。

催眠術と言っても色々なものがあります。
ショー催眠なら、催眠術にかかり易い人に舞台に出てきてもらって、色々な催眠現象を見せたり、
エロ催眠なら、女の子の手のひらをクリトリスにしていかせたり、
マジックでも、運動支配という筋肉運動を制御するものをかけて、スプーンから手が離れないということをしたりするものがります。

僕がお伝えするのは日常的に使えるものです。
催眠現象を起こすことは特に問題視していません。
寧ろ、かかり易い人に現象を起こせるのは当たり前のこととして捉えています。

それよりも、相手の状態をいかに早く正確に捉えられるかということに重要性を置いています。

『ラポールと身体知』でお伝えする内容も、僕がスカウトやナンパをしながら、催眠の使い道を探り続けた成果の一つですが、今回の講座ではより催眠術の仕組みを理解してもらい、手が固まる運動支配以外のもの、特に感情支配という他人の感情の変化を促せるものについてのワークを重点的に行います。

また、初対面の人にいかに早くかけるか、また催眠術が成立するかしないかのトランス状態の見極めをいかにするかなど、主に他人を観察するテクニックを軸に置いた催眠術のかけ方をワークを通じてお伝えいたします。

これらのワークを通じて、他人のトランス状態の察知の仕方、他人のトランス状態の深め方、他人の感情の察知の仕方、変化のさせ方を感覚的に学んで頂けます。
そうして、相手をトランス状態に導くと同時に、自らも深いトランス状態に入ることも学んで頂けます。

相手をどう楽しませたらいいか分からない、相手がどう思っているか分からないなど、特に異性関係での相手との関係性の発展の仕方について学びたい方にはオススメです。僕のナンパ師としての技術の根底に流れている、催眠の技術、考え方、感性をお伝えします。

少人数での催眠術のワークが中心となります。
『ラポールと身体知』を受講して頂いて、催眠術をかけたり、かけられたりすることに興味を持って頂いた方のご参加をお待ちしております。
何かご質問などあれば遠慮なくご連絡下さい。

参加のお申込みはツイッターで僕にリプライかDMを頂くか、la.flambee@gmail.comまでメールでお願いいたします。

【詳細】
開催日時 11/20(日)17時開場 17時30分開始 21時まで その後懇親会 23時まで
開催場所 東京メトロ赤坂見附駅近く(お申込み後に場所の詳細を送らせて頂きます)
参加条件 『ラポールと身体知』に参加して下さった方、または催眠術の個人講義を受けて下さった方
参加費  7500円
定員   10名

ナンパの一声かけ目まで、或いはコミュニケーションの成立までの一例

ワークショップの参加者の方のためのおまけとして、一連のワークを使ってナンパをするとしたらという感じで書いてみました。
参加者の方以外はよく分からないかもしれませんが、折角なのでブログにアップします。

体の力を抜いて、自分の心の中を見つめる。
なぜナンパをしたいのか。
セックスをしたい、さみしい、ただ女の子と話したい、どんなものであっても構わない。

そう思っている自分をしっかりと感じる。ネガティブな感情をきちんと見据える。
感じられたら、それを一つの玉のように胸の近くにまとめていく。
それが何であったにしろ、この感情が自分の動きのエネルギーであることを認める。

そうすると、すっきりとしていくのを感じる。
ネガティブな感情を隠したままだと、隠した感情に振り回されてしまう。
表面に出して、自分で認められればそれをエネルギーに出来る。
自分の中で確固とした決意が出来上がったのを感じる。

街の中でナンパをする人になってはいけない。つまり、ナンパ師として目立ってしまってはいけない。街を歩いている人たちと同じように街の中にいること。街にいる人たちと空気を合わせることで声をかけ易くなる。反対に、必死に物色しようとしていると次第に自分と街が離れていくこと、街が自分を拒絶していることを感じ始めてしまう。

街全体をミラーリングするように、街の中にいること。

ナンパを始めると決めてから、声をかけたいと思った人がいたら必ず声をかける。この一人目に声をかけ損なってしまったら、その日はもう声をかけられないと思った方がいい。
声をかけ損なうと、かけられなかったことへの自己嫌悪によって、トランス状態が覚めていってしまう。

声をかけたい人を見つけたら、瞬時にミラーリングをする。街全体から、彼女一人へと焦点を合わせる感じで。彼女の歩き方、着ている服、表情をさらっと見る。彼女が一体どんな感じでこの街を歩いているのか。寂しいのか、楽しいのか、急いでいるのか、暇なのか。心の中に浮かぶことを感じていく。

そして、心の中に浮かぶことだけに意識を向けて、どう声をかけようかなんてことは考えない。ミラーリングが出来ているなら、もう既に彼女と同じような歩き方になっているはず。そして、とにかくすぐに声をかける。声をかけるときは何を言おうだとか、どういう流れでいこうだとか、そういうことは考えない。

とにかく、その場限り、彼女と自分との間に偶然的に起こる会話を楽しむこと。

「すいません」と声をかける。会話の発端は軽く。風が吹いたと思わせる程度に。
近過ぎず、遠過ぎない。そして、彼女に威圧感を与えない位置であることを気をつける。
声のトーンはミラーリングしていると自然と同じようなものになっている。
ただし、緊張していると声が高くなってしまう。そのときはミラーリングが出来ていないことを認識する。自分を守ることを考えてしまっている。

彼女は突然のことで驚く。

このとき、ナンパをしているとは思わないこと。知らない人と初対面で急に話すことになったというシチュエーションでしかない。ナンパと思うと色々な固定観念がついてまわってしまう。女性に嫌われることだとか、周りから見たら恥ずかしいだとか、すぐ口説かなくてはいけないだとか。彼女と少しの間、同じ空気を吸うような感覚で丁度いい。

そして、直感的に自分の心の中に浮かんだイメージを伝える。質問でもいいし、彼女に言いたいことでもいい。ここで決めておいた言葉や、その場で考えた言葉を発しないこと。
常に心の中に浮かぶイメージを輪切りにして、認識すること。

彼女の反応を見ながら、立ち位置が適切であるかどうかを常に確かめる。
近過ぎれば嫌がるだろうし、遠過ぎると彼女としては無視し易い。

無視されたとしても、返事があったとしても、あとはずっと同じ。
相手をミラーリングしながら、相手がどういう状態にあるか、自分の心の中で感じる。

目標は相手が柔らかく、心を開いてくれるようになっていくこと。
連絡先を聞いたり、飲みに誘ったりすることではない。
それを目標にしてしまうと、相手にこちらの欲が見透かされて嫌悪感を持たれてしまう可能性が高い。

彼女に自分の心の中に浮かぶイメージを伝えていきながら、彼女のことをミラーリングしながら、彼女が心の中で感じているであろうことを自分の心の中で感じていく。

笑顔が多くなってきたり、彼女からもこちらに質問をしてきたりすれば、心を開いてくれ始めた兆候と見ていい。既にラポール(関係性)が築かれている。

あとはそのまま会話を続けていけばいい。

ベストだと思うナンパの第一声を教えてください。あと成功確率を上げるコツも教えてください。

タイトルの質問をインタビューズで頂きました。
インタビューズよりもこちらで書いた方がいいかなと思い、こちらで書かせて頂きます。

ナンパのことを書くのは久しぶりだけど、普段からナンパであろうと、催眠術をかけることであろうと、日常生活の中で誰かと普通の会話をすることであろうと、僕にとっては変わらないものだという認識がある。
人と向かい合って、何らかの自分の思いを届けること。

それがその日のうちにセックスしたいという欲望であろうと、体全体が硬直するという暗示であろうと、おはようと挨拶するような気軽なことであろうと変わらない。

催眠術をかけるように丁寧に挨拶をする。
挨拶をするように気軽に催眠術をかける。

ナンパはなんだろう…気軽に丁寧に、自分の下心、あるかもしれない相手の下心も認めた上で、丁寧に、大胆に会話を進めていく。

【ベストだと思うナンパの第一声を教えてください。】
こういう質問はきっと、ナンパに慣れた人はしない。
多分、ネットでナンパのことを調べながらも、なかなか実際には声をかけれない人、或いはかけているけれども成果が出ない人の質問だと思う。

僕は大体「すいません」とか「こんにちは」とか、そういう単純な声かけしかしない。
奇を衒ったとしても、上手くいかないものだと思う。
奇を衒って上手くいくなら、普通に声をかけても上手くいくだろう。

そんなことよりも、これから話をして、もしかしたらセックスをする相手になるかもしれない。
そういう相手に一体女の子は何を望むのか、それを考えた方がいいと思う。

言葉の意味よりも、人間は見えるもの、聞こえるものによって他人を認識するという。
そして、ナンパの場合、大体は無視されるだろう。
彼女はあなたの声を聞く。

その声がどれだけ彼女の心にすっと入り込んで、心地良いものであるか。
そういうことに僕はいつも意識を向けている。

彼女はいくらあなたの姿を見ないようにしたとしても、あなたの声からは逃れることは出来ない。
実際に声フェチの女性は多い。特に成熟した女性であればあるほど、声を意識するような気がする。

僕も初めて会った人を観察するときは、声を丁寧に聞く。
優しい穏やかな、深い声だったら信用できるし、変に高い声が混じる不安定な声、だらしのない声だったら話す価値はないと思っている。

そうして、声を聞いて、話してみたいと思ったとき、あなたの方を向いて、あなたに清潔感がなければ、彼女はそのまま立ち去っていく。
そんなに容姿端麗である必要はない。

清潔感があって、話してみたいと思わせる雰囲気があれば十分。

ただ、この話してみたいと思わせる雰囲気というものが厄介で、それは一朝一夕に作れるものではない。
雰囲気には日々の自分の心がけ、日常の過ごし方が出てしまう。

どれだけ自分を大事にして、毎日を丁寧に生きているか、そういうことが雰囲気として表れてしまう。

もし、あなたがナンパを毎日やっていて、それももしかしたら、自分を磨くために毎日ナンパをやろうと思っているような人なら、それだけでいいと思う。

或いは、何か打ち込んでいるものがあるとしたら、そうしていることに自信を持てばいいと思う。

決してナンパ慣れはしないように。
ナンパ慣れしているような雰囲気が出ている人に魅力はないと思う。
いつも声をかけてるついでにあなたにもかけました、というような感じが出てしまってはいけない。

毎回、声をかけることに緊張して、新鮮な気持ちを味わいながら、この人に声をかけたいと思ったら、何も考えず、すぐに声をかければいいと思う。
それによって、人に聞いてもらえるような声が生まれるような気がします。

【あと成功確率を上げるコツも教えてください。】
まずは数をこなして、声をかけることに身体的に慣れること。
はじめは声をかけるので精一杯で相手との距離だとか、自分自身の緊張感だとかに意識を向ける暇はないと思う。

だけど、数をこなすとそういうことにも意識が向けられるようになる。
そうしたときに、毎回、今、自分の声かけはベストであったか、もし何か相手にとって不快な点があるとしたら、それはどこか、考え続けることで声かけの精度が上がってくる。

今すぐ魔法のように、声かけの成功確率が上がる方法なんてないけど、そうして数をこなしながら自分のやり方を振り返り続けたら、すぐに上手くなると思います。

急がば回れ、という感じで期待された答えではないかもしれませんが、僕としてはこういう風に思います。
そして、こういうことはナンパというよりも、全ての人間関係にあてはまると思うし、さらにこれを突き詰めていくと催眠術をかけたりするような一見魔法のようなコミュニケーションが可能になります。
ナンパについては、その動機が嫌われ易いものだけど、やっていることはとてもコミュニケーションの修練に適しているから、その技術を多くの人に知ってもらうことはいいことであると思っています。

いつも上に書いたようなことを、ナンパに限らない、一般的なコミュニケーションとしてワークショップでお伝えしています。

10/29(土)に東京で

11/5(土)に京都で

やらせて頂きます。
ご興味ある方はリンク先をご覧下さい。
よろしくお願いします。

[]11/5に京都でコミュニケーションのワークショップ『ラポールと身体知』をやります。

11月に京都でワークショップをやらせて頂きます。

10人の少人数で、お一人お一人のコミュニケーションや考え方の癖について考えながら、
他人に上手く伝わる伝え方や、自分自身を見つめる方法について、
ワークをしながら体験していただきます。

ワークの中で初歩的な催眠術や、自分の能力を高めるための自己催眠もお伝えいたします。

コミュニケーション技術、自分自身を深く見つめるための方法、ナンパ、催眠術にかかること、かけることについてご興味あればご参加いただければと思います。

よろしくお願いします。

以下詳細です。

『ラポールと身体知-他者と自分の心を知るためのワークショップ カウンセリングと催眠術を中心に』

恋愛、仕事、家族、友人との人間関係、その他、人と関わりあう場面で、
伝えたい事が伝えられなかったり、
何を言えば上手にコミュニケーションが取れるのか、わからなくなった経験はありませんか?

この講座では、
講師の高石自身が、カウンセリングや催眠術の理論を学び、実際にカウンセリングや催眠療法、ナンパをし続けてきた中で感覚的に捉えてきたテクニックを総合し、
自分が相手とどんな関係を持ちたいのかを的確に把握し、
そして、相手にそれを受け入れてもらうための、コミュニケーションの技術を、ワークを通じてお伝えします。

ここでお伝えしているのは、
「コミュニケーションのHOW TO本」に書かれているような一般的な方法とは異なり、
身体的な感覚を通じて、自分と他者とを深く知るための方法です。
それは働きかけのテクニックというよりも、自分自身を深く知ることで、他者と適切な関係を結べるようになる、自分をコントロールするための方法です。
それを、頭で理解するのではなく、カウンセリングや催眠術のエッセンスを取り入れたワークを通じて身体で感じて頂きます。

―自分自身の心の変化をより深く感じることで、他人と繋がる方法を見出す―
自分を知りたい、他者を知りたいという気持ちを、日常生活で素直に活かす方法を身につけてみませんか?

今までのワークショップの参加者の方に頂いた感想はこちらです。

====

これまでの「ラポールと身体知」には、
コミュニケーションに苦手意識のある方はもちろん、
ナンパ師や催眠術師の方にも参加して頂きました。

今回のワークショップも、

・気楽に人付き合いが出来るようになりたい
・他人を自然と動かせるようになりたい
・催眠術を覚えてみたい
・ナンパに関心がある(ご質問頂ければ、ナンパのこともお答えします)

という方にオススメです。

※また、本講座の中では、ワークを通じて、初歩的な催眠術も身につけて頂けます。
催眠術をかけたり、かけることに興味がある方にも楽しんで頂けます。

====

[日時]
11月5日(土)17時半会場、18時から21時半まで

[場所]
京町家シェアハウス おむすび庵
京都市上京区旧大宮通り上長者
(場所の詳細はお申し込み頂いた後にメールにて送らせていただきます)

[参加費]
4000円

[定員]
10名

[お申込み方法]
僕のツイッターのアカウントか、la.flambee@gmail.comまでご連絡下さい。