月別アーカイブ: 2011年9月

催眠術について思うこと

この前、催眠術を11人の方に講座で教えさせてもらった。

ある程度の信頼関係のある方にだけ参加してもらいたかったので、今までの講座『ラポールと身体知』に参加してくれた人たち限定にさせてもらった。

催眠術は3時間ほどあれば、簡単に覚えることが出来る。
今までのその人の話し方を催眠術がかけ易いものに変えさせてもらうだけでいい。
ある意味、話し方教室みたいなものだなとやりながら思っていた。

初歩的な現象である運動支配のかけ方を重点的にやった。
これがきちんと出来るようになれば、あとは比較的簡単だと思う。
運動支配と多少トランス状態を深めることをすれば、暗示に反応し易い状態になっている。
初対面の人に、このはじめの運動支配にかけることが難しい。

一度僕の催眠術指導を受けてくれた方がいた。
その方は他のところで催眠術のやり方を既に習得済みだったけど、なかなか初対面の人にかけるのが難しいという。
かけるところを見せて頂くと、実際やり辛そうにされていた。
相手との距離感や口調など、催眠術にかかったことがない人、催眠術に対して権威的なものを全く感じていない、寧ろ、そんなもの使えるのか、実際に存在するのかと疑心暗鬼になっている人に、いわゆる多くの人が持っている催眠術的なかけ方をすると大抵失敗する。
よくある「あなたは段々ねむくなります…」みたいなやつは一生懸命やっても馬鹿にされるだけで、上手くいかない。

それはそうだ。
はじめて催眠術にかかるのだから、かかることに大抵の人は不安を持つだろう。
不安を持つと、人はかからないことを証明したがる。
だから、不安を持たれないように、そして、普段と違って話し方が変だと突っ込めないような自然なやり方が必要になる。

また、それが出来るようになれば、自然と普段の会話から人をトランス状態に導くことが出来る。

(このシリーズ、続けていこうと思います。というわけで、続きます。)

10/2に新しい講座をします。
自分の可能性を引き出すための自己催眠のノウハウや、他人と関係性を築くための方法をお伝えします。
ご興味ある方はご覧下さい。

窓際

最近、毎日スタバの窓際の席に座っている。

僕は家で考え事が出来ない。
考え事をする時は大抵、喫茶店の窓際に座っている。

通り過ぎる人を一人一人見つめて、この人は一体何だろうと思いながら、自分の考えたいことに思いを馳せている。

つくづく、自分は他人を必要とする人間なんだなと思う。
別に他人と自分を比較しているわけでもない。
なんとなく、想像のきっかけとして、他人を必要としている気がする。

以前はナンパをして、スカウトをして、実際に人と触れ合うことでそれをしていた。
最近はあのときみたいに、ひっきりなしに人と会い続ける生活はしていない。
ただ、眺めるだけである。

だけど、カウンセリングのときは、ナンパやスカウトの時よりも緊張感のある関係になる。
一点集中するようになったと言えばそうなのかもしれない。

ずっと不安を感じていた。
あの、延々と人と会い続ける生活をしないで、自分の能力を保つことは出来るのかと。
多分僕は性欲から人とは接していない。
自分への不安感、僕は他人と接することが出来るのだろうかという不安感から接し続けてきたような気がする。

だから、いつも笑顔で話してもらえるとほっとする。
これだけナンパやスカウトを繰り返しているわけだから、大抵の人に笑顔で接してもらえるようにはなっている。
だけど、それでも、いつも新しく会う人とは不安になるし、何度も会った人とでも会うときは、今日はどんな感じだろうかと緊張感を持っている。

いつも催眠術を教えさせてもらう時に、相手を観察、分析しないことを伝えている。
観察、分析してしまうと、相手との距離感が生じてしまう。或いは、相手との間に壁を作ってしまう。
だから、観察、分析せずにそのまま受け取ることが大事。

そうは伝えながらも、実は自分は観察、分析をしてしまう人間だ。
気を抜いたらそうしてしまう。
いかにして、その状態から、そのまま受け取れる状態に変われるか、自分のコンディション作りのことをいつも考えている。

ガラス越しに喫茶店から人を見つめながら、ぼーっと歩いている人をそのまま受け取ろうとしている。
そして、なんとなく、心の中でその人に声をかけ続けている気がする。

最近、書くことないなと思ってブログを更新していなかったので、とりとめのない日記ですが…。
こういう雑文とか、催眠術のかけ方とか、今後は記事にしていこうかなと思います。

10/2に新しい講座をします。
自分の可能性を引き出すための自己催眠のノウハウや、他人と関係性を築くための方法をお伝えします。
ご興味ある方はご覧下さい。

[]10月2日にカウンセリングと催眠術をテーマにしたワークショップをします。

10月2日に今までやらせて頂いた講座『ラポールと身体知』を新しくアレンジしたものをやらせて頂きます。
これまで9回の講座をやらせて頂く中で、色々な模索をしてきました。

どのような話をするべきなのか、そして、僕が伝えられるものがあるとすればそれはどんなものなのか。
その中で、段々と身体感覚に焦点を当てるようになりました。
そして、一回目はナンパ講座としてはじまりましたが、次第にナンパに限らないコミュニケーションの講座としてやらせて頂くようになりました。
そうすると、コミュニケーションなので、実際にワークをやって頂く必要もあると思い、催眠術を取り入れたワークなどを取り入れたりしてきました。

僕自身の職業も変わっていきました。
キャバクラのスカウトやナンパを教える人から、催眠術を教える人、催眠療法をする人、カウンセラーという感じに。

今回の講座ではナンパに限らない、より一般的なコミュニケーションとカウンセラーとして自分自身を良いコンディションに保つための僕なりのやり方をお伝えします。

もしご興味あればご参加下さい。
以下に詳細がございます。

『続・ラポールと身体知-他者と自分の心を知るためのワークショップ カウンセリングと催眠術を中心に』

恋愛、仕事、家族、友人との人間関係、その他、人と関わりあう場面で、
伝えたい事が伝えられなかったり、
何を言えば上手にコミュニケーションが取れるのか、わからなくなった経験はありませんか?

この講座では、
講師の高石自身が、カウンセリングや催眠術の理論を学び、実際にカウンセリングや催眠療法、ナンパをし続けてきた中で感覚的に捉えてきたテクニックを総合し、
自分が相手とどんな関係を持ちたいのかを的確に把握し、
そして、相手にそれを受け入れてもらうための、コミュニケーションの技術を、ワークを通じてお伝えします。

ここでお伝えしているのは、
「コミュニケーションのHOW TO本」に書かれているような一般的な方法とは異なり、
身体的な感覚を通じて、自分と他者とを深く知るための方法です。
それは働きかけのテクニックというよりも、自分自身を深く知ることで、他者と適切な関係を結べるようになる、自分をコントロールするための方法です。
それを、頭で理解するのではなく、カウンセリングや催眠術のエッセンスを取り入れたワークを通じて身体で感じて頂きます。

―自分自身の心の変化をより深く感じることで、他人と繋がる方法を見出す―
自分を知りたい、他者を知りたいという気持ちを、日常生活で素直に活かす方法を身につけてみませんか?

====

これまでの「ラポールと身体知」には、
コミュニケーションに苦手意識のある方はもちろん、
ナンパが上手くなりたい方、催眠術を学んでいる方にも参加して頂きました。

今回のワークショップも、

・頑張らずに気楽に人付き合いが出来るようになりたい
・他人を自然と動かせるようになりたい
・催眠術を覚えてみたい
・ナンパに関心がある(ご質問頂ければ、ナンパのこともお答えします)

という方にオススメです。

※また、本講座の中では、ワークを通じて、初歩的な催眠術も身につけて頂けます。
催眠術をかけたり、かけることに興味がある方にも楽しんで頂けます。

====

[日時]
10月2日(日)17時30分~20時30分(17時開場)
その後23時まで懇親会(食事+お酒飲み放題)

[場所]
JR山手線田端駅徒歩7分のシェアハウス「まれびとハウス」
http://www.mare-bito.net/
場所の詳細は参加申し込み後にご連絡させて頂きます。

[参加費]
4000円
この金額には、懇親会(食事、お酒飲み放題)費が含まれています。ぜひ懇親会もご参加ください。

[定員]
30名

[お申込み方法]
僕のツイッターのアカウントか、la.flambee@gmail.comまでご連絡下さい。