月別アーカイブ: 2011年8月

[]ダンサーの方のコミュニケーションのワークショップに行ってきました。

催眠術が上手くなるため、ナンパが上手くなるため…或いはコミュニケーションが上手くなるためのコツは相手に委ねることだと思う。

かけてやろうとか、惚れさせてやろうとか、こちらの思い通りにしてやろうとか思っていると、コミュニケーションはなかなか上手くいかない。その姿勢で行われているコミュニケーションを見ていると残念な気持ちになってしまう。実際、ナンパや催眠術を見ていると、そういうものを見ることが多い。対象となる人に惹きつけられて、吸い込まれるように相手と交わっていくようなコミュニケーションが理想的だと思っている。

言葉は、理性的に他人を操作するものとして認識されがちだと思う。それよりも、いかに相手に身を委ねられるかということの方が大事だと思うようになってから、僕は言葉で何かをするよりも、自分の身体を使って、相手に身を委ねることの方が大事だと思うようになった。

昨日、いつも僕の講座をやってくれている小野さんが紹介してくれた青剣君のワークショップに行ってきた。

青剣君はダンサーで、”踊り場”という身体を使ったコミュニケーションのワークショップもやっている。

彼は僕の講座にも来てくれて、ダンサーでもないのにこれだけ身体に敏感であることは凄いと褒めてくれた。
僕も彼と初めて出会った瞬間に、彼が類稀な身体でのコミュニケーションを可能にしている人だと思っていたから、とても嬉しかった。

ワークショップの中では、柔軟体操やマッサージ、その他身体を動かす様々なことをやりながら、コミュニケーションとは何かということを考えさせてくれるワークをやってくれる。

力を抜いて、他人に身を委ねる。トランス状態にありながら、他人の目の前にあり続ける。

こういうことをワークの中で可能にしてくれた。

僕は常々、人を魅了する語り手とは何かということを考え続けてきた。それは、ナンパ師としても、催眠術師としても、カウンセラーとしても、他者と対峙することにおいては必要不可欠なことだと思う。

僕の中で既に答えがある。
それは、他人の前でトランス状態にありながら、自らの美しさに誇りを持ち続けることだと思う。
気狂いのように、他人のことは関係なしに自分の世界に留まることとは違う。同じ空間の中に他人がいるということを感じながら、自分というものを深く感じられている状態。
そういう状態にあれる人が、人を魅了する語り手になる。

これが出来れば催眠術などは簡単にかけることが出来るし、ナンパだってさらりとこなしてしまうだろう。

だけど、色々な人を見てきて、なかなかそうなることが出来ないことも分かっている。
自分の美しさとは何かを知らない。それに自信が持てない。その上、他人が自分をどう見ているか気になる。或いは、そういう他者との交わりを恐れて、他人のことを感じられない。

そういうことに悩んでいる人に是非受けてもらいたいワークショップだった。

9月3日にも大山(電車で池袋から数分)でワークショップをやるそうなので、ご興味ある方は是非行ってみて下さい。参加費は1000円。このワークで得られるものを知っている僕としては、とても安いです。特に僕の講座に来て頂いて、催眠術や他者と交わる感覚に興味を持って下さった方にはオススメです。

対面したときの雰囲気

対面したときの雰囲気というものについて考えている。

話し易い人と話し難い人とがいる。

ナンパ、スカウトで話しかけ易い人。
カウンセリングし易い人。
講座で僕が話す時、こちらの言うことを聞いてくれている人。

それぞれ、僕にとっては全て似ている。
何か、話す甲斐があるというか、こちらを分析するような目で見ずに、まず聞いてくれる。

彼らの中には僕の思いがすっと届いて、彼らの中をくるりと巡っていく。
僕も彼らの思いを受け取って、その思いを僕の心の中で遊ばせている。

これはラポールを上手く築けた状態で、催眠術をかけさせてもらえたときに似ている。
こうなると暗示に綺麗に反応してもらえる。

その反対が僕に対して分析の目が向けられるとき。
どういう反応をするのかとか、どうやって自分と仲良くなろうとしてくるのかとか、そういう感じで見られると一向に思いを受け取ったり、受け取ってもらったりすることは出来ない。
ただ、単純に上滑りな、時間だけを浪費する会話をしなくてはいけない。
仕事ならば、それでいいかもしれないけど。

全ての人に対して、僕は柔らかい状態を味わってもらわなければいけない。

9月4日18時から京都で講座をやります。
詳細はこちらから。

ナンパの講習、或いは声がかけられないとき

いつも思う。
ナンパを教えるナンパビジネスってただ一緒に外行って声かけさせればいいだけではないかと。
「あの子に声かけたらどうなるか試してごらん」ってゲーム感覚にしてしまえば、誰でも簡単に声かけられると思う。

多分、声かけられないのは相手が人間だと思っているから。
それなら、人間ではなく、何らかの反応をする機械でしかないと思えばいい。
そうして、声をかけて話し始めて、ある程度のところで、その人のことを人間なんだと認識すればいいと思う。

声をかけられない原因になるのは多分自分の思考だと思う。
知り合う前からどんな人間なのかと妄想を膨らませて、その妄想で自分の行動が遮られるのなら、妄想しない工夫をすればいい。

そうやって、最善の行動をとるために最善の考えをする。そして、行動することが出来て初めて感じとれるものがある。その行動が出来ないのは、度胸不足でも、技術不足でも、見た目が悪いからでもなく、アイデアが不足しているから。そう思えば、大抵のやりたいけどやれないことは出来るような気がする。

僕もナンパ講習みたいなのを何度かやったことあるけど、それをやりたいと思っているのにやれずに遅疑逡巡している姿を見るのが楽しい。周りの人はなんとも思っていないのに、その人は自分の作った何かと戦っているんだろうなと思う。

声かけをちょっとしたアイデアで簡単にするように、コミュニケーション上のことは殆ど全てちょっとしたアイデアとその上での練習によって楽しめるようになると思う。

8/21に講座をする。よく考えてみたら、そういうちょっとしたアイデアでコミュニケーションをやってみるというのが、ナンパのテクニックだったり、催眠術やカウンセリングの技術であるような気がする。もちろん、それぞれ、練習もしないといけないけど。

催眠術を学んだ時、「え?そんなんで人の体が動かなくなるの!?」ってびっくりしたのを思い出す。実際、そんなんで簡単に動かなくなるものである。そういうのを体験してもらえるようなものにしたい。

その上で、それを人の心を操るものに使うのも自由、自分の思いやりを発揮するためのものとして使うのも自由。だけど、人の心を思い通りに動かしたいと思うことは人間なら殆ど必ずあるはず。それを実際にやってみることで、その可能性と不可能性を知れればいいのかもしれない。

【8月21日(日)ラポールと身体知7―凄腕ナンパ師による、瞬時に心に入り込むコミュニケーション講座】
他人の心と自分の心を簡単に変えるためのテクニックをワークもまじえてお伝えします。もしご興味あればご覧下さい。

人気ブログランキングへ

自分のことを掘り下げて

8/21(日)開催の講座の宣伝もかねて、久し振りにブログを書かせて頂きます。

他の仕事の依頼を頂いて、もう一ヶ月以上、スカウトの仕事を休んでいる。
殆ど、外に出ずに自分の今までの経験を文章にしている。

自分のことを掘り下げていく…
あのとき、なんでナンパをしていたのか、なんでスカウトという仕事を選んだのか。
カウンセリングや催眠術について、どう思い続けてきたのか。

全ての行動は自分の何らかの意志で成り立っていると僕は思っている。
それが失われてしまったら、何か強いエネルギーを持った行動をとることは出来ない。

あのとき、なんであんなことをしていたのかと思い返してみる。
ナンパを毎日していたとき、僕は何を求めていたのか。
スカウトの仕事も毎日、どうすれば上手くいくのか考え続けていたとき、何を目指していたのか。

いつのときも、自分のそういった心の中に気付いていたこともあれば、今から振り返って気付くこともある。

そうして、自分のとっている行動の意味に気付くというのはとても大事だと思う。

僕がいつも講座でコミュニケーションには必ず目的がある、というのにも近いかもしれない。
スカウト、ナンパ、催眠術、カウンセリング、
全てコミュニケーションではあるけれども、それぞれの目的ははっきりと違っている。
僕はそのとき、そのときに自分の目的を決めていた。

個々の自分の目的も大事だし、そして、目の前の人をどうするかとはっきりと決めることも大事。

そうやって決めると色々な技術が、始まりから終わりに到達するまでに織り成されていく。
それが技術というものだと思う。

一つの目的を決めて、やり続ける中に見出される細かい、繊細なもの。
例えば、ナンパをしようと思わなければ気付かないような細かい動作、言葉の積み重ね、そして、積み重ねるにあたって注意すべき細かい事柄、これが技術と呼ばれてもいいものだと思う。

優秀な師がいてくれれば、それを教えてくれることもあるし、或いは、自分が何度も失敗を重ねることによって初めて気付くこともあるかもしれない。

技術というと、お手軽に何かが出来るようになるためのものと思われるかもしれないけど、僕は技術はそういう繊細な意識すべきポイントを意識することだと思っている。
それを予め知っているだけで、技術は簡単に身につくし、色々な角度で自分の行動を見直すことも出来る。

今まで講座をやってきて、計6回、約200人くらいの方に僕の話を聞いて頂いてきた。
今回はそういう、自分が自分のことをきちんと掘り下げて思ったことを話したり、実際にワークを通じて伝えたいと思う。
そういうワークの中で普段の自分自身の動きを別の角度から見直してもらえたらとても嬉しい。

これはいつも思っていることだけど…
催眠術、カウンセリングだけでは無味乾燥した技術になってしまいがちだけど、ナンパ、スカウトという生身の人間と毎日100人くらいと接してきた自分ならではの、実生活の中で使える、実感できるものとしてお伝えできればと思っている。

もしご興味ある方いらっしゃれば、こちらに講座の詳細がありますのでご覧下さい。
ご参加お待ちしております。

人気ブログランキングへ