作成者別アーカイブ: lesyeuxx

『あなたは、なぜ、つながれないのか ラポールと身体知』/明日、本が出ます。

 明日、自分の書いた本が本屋さんに並ぶ。ずっと落ち着かない。

 本を書くことは、大変なことだった。書いているときはそのことばかりに集中していて余裕を失っていた。書き終えた後、編集者と表紙や帯について話をする。自分が納得のできるものを書けたらお願いしたいと思っていた、宮台真司さんに帯を、山本英夫さんに表紙の絵をお願いした。お二人から、僕はとても大きなものを残して頂いている。刻印されたと言っても良い。いくつもの会話や印象の断片が、僕の中に強く残っていて、それらが僕を生かしている。断られたら…と思うと、怖くて仕方がなかったが快く引き受けてくださった。

 その後、出版社の営業の方たちと各店舗の書店員さんたちのところへとお願いをしに行った。本をどのように扱い、どのように並べるべきか、皆が考えてくれていることを知った。僕がいくら必死に書こうとも、周りの人たちの力なしでは一冊の本は成り立たないのだということを知った。書いているとき、自分にはそんなことを考える余裕はなかった。

 本の中には色々な人との出会いが書かれている。ナンパしたり、付き合ったりした女性とのこともあれば、自分が師事し、敬愛している人たちとのことも。本と同様、自分自身も関わってくれた人たちによってしか成り立たない。しかし、その人たちがいないと生きていけないのとは違う。その人たちが与えてくれた情念が自分を作ってくれたような感じだ。だから、自分は自分が作ったものではない。多くの人たちの情念が集まってできたもののように思う。受けたときには心地良かったものも痛かったものも全て在り続けている。取り除かれるものはない。

 編集は江坂さんがしてくれた。僕自身は書き手として未熟であるし、情緒も安定しているとは言い難いし、思考も整理整頓されているとは言い難い。そこにじっくりと付き合ってもらった。初めて会ったのが三年前で、気功や動きについて教えてもらったり、一緒に平均化訓練に行ったりしながら、付き合いが続いている。一般的な意味でいうところの友人とは何か違う気がする。その関係をどう表現すれば良いのかが僕には分からない。きっと、いつでも、一方が成長をやめたときに、互いに見限る準備はしていたはずだが、そうならないことが僕にとっては異例のことだった。見限ることも、見限られることも自然と怖くはなかったし、今でも怖くない。いつだったか、「明日から会わなくなるかもしれないといつでも思っている」と話したことがある。

 いつでもどちらも互いに互いの隙を見つけている。しかし、見つけた隙が次に会ったときには消えていたり、消えかけていたりする。隙が見つかったことを、見つかったときに感知しているのだろう。僕も、話しているときに、自分の漏れが感知されたことを知り、それによって自分の漏れている部分を知る。

 本の話は三年前に出会ったときに提案してもらって、それからまた長い時間が経ったときに再び提案してもらい、二度目のときに書き始めた。

 本というものがどのようなものなのかは僕は知らないが、この本は優秀な観察眼と、豊かな感覚を持つ編集者なくしては決して出来上がらなかったものだ。また本の中で僕が描いたものは、僕と関わってくれた人たちが与えてくれた情念なくしては成立し得ないものだ。

 もしよかったら、本屋さんで手に取ってみてください。東京駅の丸善さん、池袋のジュンク堂さん、新宿の紀伊国屋さんの本店、南口店、ブックファーストさんでは、入ってすぐのところに新刊として置いて頂けるみたいです。明日の夕方か、明後日には並ぶとのことです。

鞍馬山

鞍馬山に行った。ここはレイキの創始者である臼井甕男が瞑想をして天啓を得たという、レイキ発祥の地としても知られている。今回、僕は鞍馬山に何かを求めていた。一体どんなことが自分の心身に起こるのかと期待していた。

鞍馬行きの叡電の窓の外には北に上るにつれて雪が降り始めていた。鞍馬に着くと雪が重く降っていた。寒かった。淡々と駅から鞍馬寺まで歩き続けた。周りには二人組で観光している人が多かった。早くパワースポットと呼ばれているところに行きたかったので、彼らを追い越しどんどん登っていった。そこに行けば、自分の心身の状態が確実に変わり、悩んでいたことへの答えが出るのだと思っていたのだ。鞍馬寺についた。いい感じだが、南禅寺に初めて行ったときのような強烈な感じはなかった。寺から出て、さらに先に進もうとした。が、なんとなく振り返ると、寺の前の広場が気になった。人が集まって写真を撮っているのが見えた。寺の前に戻ると石の組み合わせによって円の模様になっているものがあった。パワースポットとされている魔法陣だった。

魔法陣はその寺の前にあったのだ。僕はその魔法陣に向かって宇宙から降りてくるエネルギーとやらに鈍感だったようだった。魔法陣には人だかりが出来ていた。皆、その魔法陣の真ん中に立って写真を撮ったり、立ったままどんな感じがするかを同行者に伝えたりしている。並んでいるし、真ん中に立つのはなんか嫌だなと思って、端っこに立ってみた。立って、寺の反対側を向いた。そこからは遠くの山が見えた。どうやら自分は焦っているらしい。自分の中に周囲のものが入り込む余地がないように思えた。それでも来てしまったのだから仕方がない。先に進むしかない。その先には大杉権現社という瞑想する場所がある。その場所に行こうと思った。

今でも思い出すと寒気がする。誰もいない山道を歩いていくと、杉がたくさんある場所が現れる。その杉の間をさらにまた歩いていくと大杉権現社というという建物がある。ここは山の中だ。静かなのは当然だ。それでもこの場所は一際静かだった。その建物の中に入ると、ベンチが四つほど並んでいた。僕は折角だからとそのベンチに座って、少し目を閉じた。急に外の風の音が強くなった。ビュウビュウと風が吹いている音が聞こえた。ゾッとした。外に出てみると、吹雪いている。僕は山というものに全く慣れていない。突然きつくなった風の音を聞いて、ここは山なのだということを初めて認識した。遠くには太陽の光があった。だけど、僕がいるところには吹雪があった。寂しさとともに恐怖を感じた。ここで引き返すかどうかを迷っていた。真っ白な雪景色、風、雪、静けさというものがこんなに恐ろしいものだと感じたのは初めてだった。同じ自然の中と言っても、代々木公園をちょっと散歩するとか、そういうことじゃないのだ。進むことにした。

木がぐらぐらと揺れる音が聞こえた。熊が出るからこの中には入らないようにと書かれた標識があった。また恐くなった。僕は恐がりだ。こんな普段は皆が観光に訪れる場所で吹雪いたくらいで怖がっているのだ。また少し止まって進むかどうか考えた。なんだか奥に行けば行くほどみぞおちの辺りをぐっと掴まれるような感じがするのだ。それは僕がただ恐がりだからなのか、そういう場所だからなのか分からないが、さっきよりも躊躇しているのは事実だった。周りには誰もいないし、何もない。山道の雪景色が広がっているのみだ。ナンパ用語で地蔵というものがある。声をかけたいけどかけれなくなったとき、人は動けなくなる。そうして声をかけられないままになることを、地蔵のように動かないという意味で地蔵と呼ぶ。僕は地蔵だった。ここは街ではない。誰も僕の姿を見ていないし、誰も僕を拒絶はしない。断られることもない。そういう環境の中で人は地蔵になるのだ。一体僕は何と戦っているのか。今度は帰ろうかと思った。これより先に進んだら、もう引き返せない。そのまま鞍馬駅と山を一つ挟んで反対側にある貴船神社の方に降りていかなければいけない。悩んで立ち尽くしていた。そのとき、肝心なところで逃げてしまう自分のことを思った。ここで逃げたらこの先の人生でもそうなるに違いないという思いもあれば、冷静に、先に進んだら危ないかもしれないから帰る方が懸命だという思いもあった。こういうとき、人は勝手に内省をし始めるのだ。今ここで起こっていることと、生活の中で起こっていることが、関係ないようで関係あるようで、関係があるのかどうかは分からない。でも、関係があるような気がしてしまうのだ。実際には関係があるのかもしれない。悩んだ末、進むことにした。進んでいくと気がついたらみぞおちを締め付けるような感覚は消えていた。

先に進むと魔王殿という建物があった。なんだか落ち着く場所だった。そこにもベンチがあり座ることが出来た。また座ってみた。今度は目を閉じずにいた。その建物にはなぜか上の方に斜めに鏡がかけてあった。その鏡に近づいて、斜め上を見ると自分の姿が映るようになっている。なぜここに鏡があるのかは分からない。だけど、ここに自分の姿を映してもいいものだろうかと考えさせるようなかけ方だった。…見てみた。自分の姿が映っていた。とんでもなくやつれた顔をしているかもしれないと思ったが、しっかりとした顔つきだった。そうか…と特に何も思うことなく出発した。そこからは淡々と山道を下っていくだけだった。道路が見えていた。吹雪はやんで、晴れていた。道路の脇にある川の流れの音が聞こえる。車も通っている。先ほどまでの緊張感はなく、ただ山道を歩いているだけだった。

帰ってから、鞍馬山のことを突然思い出す。その瞬間瞬間の景色と、そのときに自分が感じていたこと。僕はそのあと、京都にいて、少しだけ仕事をして、他は数人の友人と会ったり、あとは一人でカフェなどに行って、ぼんやりしたり、本を読んだり、文章を書いたりしていただけだった。
新しい出会いを求める…僕の中からそんなものは完全に消えてしまっている。知らない人と出会って、知らない人の価値観を知って、そこから新たに自分のことを発見する。確かにそういうことは今まではずっと考えていたが、そんなものは必要だったのだろうか。今は少数の友人、そして仕事の関係で出会う人と会うだけで、殆ど人と話さない日が続くこともある。世界を広げることよりも、その閉じた世界の中の方へと意識を向けて、自分の中に入っていって、思い浮かぶことに身を任せることを大切にしている。そうして自分に集中しているとき、考えることは夢にも出てきてしまう。特に危惧していたことは夢に出てくる。そのとき、自分のやり方は間違っていたんじゃないかとか、そんなことを思う。でも、既にやってしまったことは仕方がない。数日後、そのやってしまったことに対する結果が出た。結果は喜べるものだった。良かったと一安心する。正しい答えは誰に聞いても分からないのだ。一人で考えて、行動して、結果を待つしかない。或いは、正しい答えを求めようとしたときに、迷いは生じるのかもしれない。そのときに全身全霊をかけてその選択をとったのならば仕方がない。それによって自分がどうなったって仕方がないと思える。悩んでしまうのは、そのとき選択した自分の中に何らかの曇りがあったからではないか。もしそのことについて考えるならば、その曇りについて意識を向けないといけない。向けて、曇りがあったのなら反省する。それだけだ。自分の、自分だけで完結している小さな世界。それをいかに自分で見つめて、その中に満足を見出せるかという問題だ。

鞍馬山は修行の場所だと言われる。自分を社会に向けてどう打ち出して、どうお金にするか、どう満足を得るかということを、社会の中で生きていると考える。そうしているとどんどん自分を消費されるコンテンツにしてしまう。また、最悪なときには、コンテンツとして消費してくれる人を自ら探しに行ってしまう。それは不幸なことだと僕は思う。そういう考えはなしにして、目の前のことをやるしかない。やっていく中で、人に必要とされたのなら、その役割を全うすればいい。

穏やかな無関心/ドトール 神南一丁目店

僕はいつもここでカウンセリングをしている。普通のカウンセリング、ナンパ講習の前後のカウンセリング、催眠術を教えているときもある。奥には大きな噴水が中央にあるテーブルがあって、その周りを椅子が囲っている。この噴水の周りの人々は常連であることが多い。僕もそう思われているかもしれないが、大体同じ人たちが座っている。皆、それぞれに顔を覚えているはずだ。だけど、言葉を交わすことはない。

勉強をしている大学生たち、ブツブツ何かを言いながらスポーツ新聞を読んでいるおじさん、真面目そうにいつも本を読んでいるおばさん、近所のアパレルで働いている休憩中の女の子、アイスコーヒーに十個くらいのコーヒーフレッシュを入れソファ席に体育座りをしている女性。夜に現れる怪しい中年のカップル。男性が女性の服の下にカメラを入れて撮影する。

彼らはお互いに干渉し合わない。互いの日常の中に互いが存在していることは知っている。だけど、重なり合うことはないだろう。不躾に話しかけるなんてことはしない。穏やかな無関心。それがこのドトールの良いところだ。
ドトールの店員は客に対する関心を示さない。関心を示さないというと否定的に聞こえるかもしれないから、穏やかな無関心があると言った方がいいかもしれない。他のドトールではその無関心が刺々しさになることもある。マニュアルに沿って接客する。それが開き直りになり、労働環境、そして自身の人生への不満によって、マニュアルに沿ってさえいれば客に何をしてもいいというようなことになりかねない。
僕の家の近所の店舗では、店員たちがほぼ奇声に近いような「いらっしゃいませ!」「ミラノサンドをお待ちのお客様!」などと言った文句が飛び交っている。一度、足どりが不自由なおばあさんがミラノサンドを頼み、席で待っているところに、いつもの「ミラノサンドをお待ちのお客様!」が始まった。老婆は足が悪いためになかなか立ち上がることが出来ない。そして、彼女がカウンターにミラノサンドをとりにいくまでに、何度この「ミラノサンドをお待ちのお客様!」が叫ばれたことか。ここはドストエフスキーの世界かと思った。
神南一丁目店ではそういうことはあり得ない。店員たちは無関心を示しながらも、優しさを示している。少しでもサービスに気を張ったりされてしまうと、客である僕も気を遣ってしまい、200円のホットティーで三時間も居座るということが出来なくなってしまう。決して「今日は寒いですね。」などと話しかけられたくはない。そんなちょっとした一言だけで壊れてしまう繊細な関係がこのドトールでは築かれている。

スカウトマンの時からこのドトールによく来ていた。初めて来た時からもう三年ほど経つかもしれない。
渋谷では、このドトールか名曲喫茶ライオンに行く。ライオンは一人の世界に没入したいときに行く。このドトールでは、色々な人が生活をしていて、自分はその中の一人なのだということを知ることができる。
女の子に声をかけ続けて成果が出なかったとき、自己嫌悪に陥ることがある。そういうときにこの場所に来ると、噴水の周りにはいつもと同じ人たちがいて、なんだかほっとする。反対に、成果を出したときは喜びで傲慢になってしまうこともある。そういうときに来ると、自分はただの一人の人間でしかなかったのだということを自覚させてくれる。いつもと変わらぬ人たちが少し落ち込んでいる様子だったりするのを見ると、落ち込みながらもこの人は今日もここに来ているんだなと、ぼんやりと思ったりする。

噴水の水は中心の空洞から水がのぼっていき、上から溢れて、螺旋状になった段差を流れていく。その端から不規則に水が落ちていく。耳を澄ませば、周囲の話し声や流れている音楽の奥の方にこの水の音が聞こえる。中心の空洞をのぼっていく水泡を見つめながら、その水の音を聞く。そうすると、この汚れない、いつでもニュートラルな噴水が持っている霊性のようなものが身体の中を流れていくのを感じる。外に出れば、様々な人たちが欲望を丸出しにして歩いている。その欲望の流れが身体全体に行き渡ってしまったら、自分がダメになってしまう。身体がそうした欲望に巻き込まれて、疲れてしまったら、この噴水が浄化してくれる。