作成者別アーカイブ: lesyeuxx

荻窪Titleでのイベントのこと

 昨夜の荻窪のTitleさんにて、文月悠光さんとのトークイベントについて。

 二時間前に行き、ふと目についたブックデザイナー栃折久美子さんの『美しい書物』を買って、店内のカフェスペースで読む。室生犀星の『蜜のあはれ』の装丁のために金魚の魚拓を頼まれる話に惹かれた。

 そのときにカフェで注文したスコーンについていた自家製の梅のジャムが美味しかった。甘過ぎず、梅の苦味がいい感じに残っているのが印象的だった。梅干しを作っていなかったら、このジャムの良さがわからなかったかもしれない。

 初対面の文月さんには独特の鋭い緊張感があった。イベントが始まるまでの時間はあまり接しない方が良さそうだと思い、店内をぷらぷらとしたり、客席に座ったりしていた。ときどき控えのために用意されたスペースに行くと準備したというメモを見たりされていた。そのメモにはところどころ蛍光ペンが丁寧に引かれていた。

 イベントが始まり、隣に座り、声を出したとき、自分の声がとても小さく、少し掠れていた。前著の刊行イベント以来、二年ぶりに多くの人の前で話す機会だった。自分ではそんなに悪くないコンディションであるような気がして、頭を使わずに話せるようになるのを待った。緊張していたのだと思う。
 話の流れで、自分の文章を朗読してもらった。どうしてよいかわからず、微妙な笑みが浮かぶのを抑えようとしたがむずむずと漏れ出ていってしまう。一度朗読会に行ったことがあり、まさか自分のものが読んでもらえるとは思っていなかった。文月さんの朗読の声はすっとよく通っていった。

取り上げてもらった部分。

『声をかける』の「アウトサイダー」から
 彼女から感じた静かな部分に集中すると、湖の水面が想起された。彼女に近づくごとに水面がざわざわと波立っていこうとする。その水面を静かに保とうとしながら近づいた。唇が合わさり、互いの体も重なっていくと、水面を通って水中に入り込んでいくような感覚があった。

同じく「蝶」から
 どうしてだろう。幼い頃からそうだった。みなが同じことをしていると、ふと自分だけ我に返った。周りを見渡すと、周りの人たちは僕がその空間の外側に出て彼らを見ていることに気がつかなかった。そのときには不思議と誰とも目が合わなかった。みな、催眠術をかけられたみたいに自分がしていることに没頭しているように見えた。
 そのときにふと目が合う人が稀にいた。小学生、中学生、高校生、大学生のとき、どんなときにも、それはクラスに一人くらいの割合で。彼らとは仲良くなった。それが集団の中で最も存在感のない人間であることもあれば、最も存在感のある人間であることもあった。

 Titleの店内の雰囲気、見に来てくれた人たちの集中力に促されて、文月さんと話してみたいと思っていたことが話せた。正確な内容はおぼろげにしか覚えていないが、話した感覚ははっきりと残っている。

 この二年、なるべくブログやツイッターは書かないように心がけてきた。ゆっくりと何度も書いたものを見直すことが、自分自身にとって静かで着実な変化をもたらすような気がしていたから。でも、この日のことは残しておきたくて書いてみた。

『声をかける』

『声をかける』ができました。なにをどう書いていいのか見えないので、いきなり私事からですが、二年間毎日これを書くことに時間を費やしていました。

都会で、多くの、ほとんどは見知らぬ人々の中で生きるということはどういうことでしょうか。
互いが欲望の対象になり合うことではないでしょうか。そして、その欲望の形は各々の生育環境、周囲との関係性などから自然と発生してきたものであるように思います。
その欲望が成就されれば、その人はきっと穏やかに他人との軋轢も少なく過ごすことでしょう。欲望が成就されないままでいれば、周りの人を罵ったり、うまくいかないことを他人のせいにしたり、強い自己主張をしたりして過ごすことになるでしょう。
欲望が成就されるといっても、ただうまくいくということでもないかもしれません。欲望に向かっていき、向かっていく中で、それがうまくいくいかないに関わらず、自分の中でそこに向かっていく自分を受け容れることであるように思います。

生きている限り、そういったことには向き合わざるを得ないように今は感じています。この『声をかける』には、ある一つの時期にそうした欲望に悩まされ、それを成就させ、終わらせようとした自分の感覚を創作という形で注ぎ込みました。

内容はともかく、装丁は最高のものにしていただいたと自負しています。
デザインは佐々木暁さんにしていただきました。繊細な白の美しさと手に取ったときの軽やかさがあります。
推薦文を代々木忠監督、詩人の文月悠光さんに書いていただきました。お二人とも社会の中での人間の葛藤を描き出すという点で尊敬している方たちです。
表紙の絵と挿絵を岡藤真依さんに描いていただきました。岡藤さんの絵を見たときからこの人に、この構図で描いてもらいたいとはっきりと浮かんでいました。際どい構図を繊細に、情感溢れるように描いていただきました。
そして、編集は晶文社の足立恵美さんにしていただきました。今回の内容は四年ほど前からずっと書きたいと思っていたものでした。初めてお会いしたときの足立さんの上品な佇まい、服装を見て、この内容をお願いできるのはこの人しかいないと思い、書きたいと思っていることをお話ししました。僕にとって、編集者は無防備な身を預ける最も大切な相手です。書いたものをより洗練させる方へ、二年間、僕の書き方を尊重し、強いアドバイスはせずに、じっと見守ってくださいました。

読んでくださった方がどんなことを思われるのか、ただ純粋に知りたいです。
本は読者のもの。もう自分には手をつけることができないものをそっと世の中に送り出す気持ちです。
読んでいただけたら嬉しいです。
早くて今週末、それか来週初めの18日には本屋さんに並ぶそうです。

ピラティス・エクスパンション10シリーズ 第1ステージ

ピラティススタジオダゴバ代表の葉坂多壱貴さんに赤坂でピラティスの講座をしていただくことになりました。10回を予定していますが、1回のみの参加から可能です。
以下、葉坂さんからいただいた講座内容です。

他のステージを含む、講座で行う具体的なエクササイズ、そのエクササイズに関する解剖学の解説など、より詳細な情報がこちらにあります。

【ピラティス・エクスパンション10シリーズ】

ピラティス・エクスパンション10シリーズは、10回の講座を通じて、心身をより快適な状態に変容させることを目指しています。

第1ステージ
■下半身のつながりをつくる
-体幹と下肢の連結、呼吸イントロダクション-

このステージでは、「足(foot)」と「脚(leg)」に着目します(体幹と下肢の連結)。またあわせて、「呼吸」に対しても気づきを持っていきます。

私たちは多くの時間、立ったり歩いたり、また椅子に座ったりして、日々の生活を送っています。立ったり歩いたりしている時、そして、座っている時ですら、重要な関節があります。
それは、体幹(胴体)と下肢(脚)のつなぎ目ともいえる「股関節」です。この股関節の状態を良くしていく、体幹と下肢のつながりをより良くすることが、まず第1ステージでの最大のテーマです。

股関節はしっかりとした安定性の高い構造になっていますが、より高いレベルで連結させていくことを第1ステージでは目指します。

木々が枝葉を伸ばしたり、深く根を伸ばしたりするように、私たちの身体も中心から外の世界、空や地面に対して、広がっていきます。中心から外へ伸びていく中継地点である股関節の状態が良くなると、立ち姿がより自然で美しいものに変化します。
それは「インナーマッスル」と呼ばれる、ピラティスやボディワークで重要視している身体の深層部、核(中心)となるエリアを鍛えることでもあります。「インナーマッスル」は、じつは股関節の関係性が良くないと、機能しないことがわかっています。
それらがより機能し、姿勢もより美しくなればなるほど、それに応じて気分も良くなり、余裕が生まれてきます。

そして、第1ステージでは、「足」にも注目し、足の骨の位置をあるべきところに近づけながら、本来持っている繊細な感覚を呼び戻すことにもチャレンジしていきます。足は地面だったり、自分と外の世界とをつなぐ重要な接点になります。足底(足裏)は、本来、手のひらと同じようにとても繊細な感覚を感じられるエリアです。
ですが、私たちは靴を履くことで、知らないうちに足裏の感覚を忘れてしまっています。足の感覚を感じられるようになると、しっかりとグラウンディングできていて、地に足のついた感覚が取り戻されます。落ち着いた気分や自分の中にある本来の強さがわき上がってきます。

最後に、「呼吸」です。
ピラティス・エクスパンション10シリーズでは、10回を通じて、身体を内側から改革していくことを目指していきます。そのための重要な鍵が、呼吸です。一般に多くの人は深呼吸することで、自分自身がリラックスすると思っています。ですが、残念ながら深く息を吸った時に肩が上がってしまっていたり、胸が反りあがった感じになっていると、リラックスをしたいという意図に反して、身体はより緊張した状態になってしまいます。

肩が上がらずに、胸が反り上がったりせずに、快適に呼吸をするための方法があります。その方法について、学んでいきましょう。普段の生活の中で、1日2万回以上も意識せずに繰り返している呼吸の質が高まることで、より快適に日々を過ごすことができるようになります。

全10回のシリーズです。
運動から何年も離れている人をはじめ、どんな人にも楽しんで参加してもらえるように構成しています。

開催日は右側の講座スケジュールをご覧ください。

20時から21時半まで
丸の内線、銀座線赤坂見附駅、千代田線赤坂駅付近にて
定員6名
参加費4000円
(再受講は3000円)
お申し込みはla.flambee@gmail.comまでお願いします。

この講座では以下のボール二つを全ステージ通して使います。
ミカサ-プレイグラウンドボール
ダンノ-DANNO-リフレックスボール
できればお買い求めになって持っていらしてください。
講座で行うエクササイズ、ボールの使い方はこちらで紹介させていただいています。
ボールをこちらで用意する必要がある場合は、その旨お伝えください。こちら側で貸し出し分を用意しておきます。

2016年

 自分が自分であることを知らぬ間に疑うことなく生きていることを実感した一年だった。
 毎日執筆のために時間を費やし続けた。書けば書くほど自分が思い込んでいることにぶつかる。ぶつかったときには、何にぶつかったのか、一体自分は何を思い込んでいるのかがわからない。ただ何かにぶつかったことだけはわかっている。それをなかったことにしたら、サラサラと書けてしまえるが、読んでもこれで良いとは思えない。しかし、そのことを考えるのは辛く、また原稿に向かおうと思うまでには時間がかかる。

 その毎日の中で講座やカウンセリングがあることに救われた。考え込むほどに自分の考えを正当化させようとしていく自分自身が、自分の歩みを最も阻む存在である。一方、他人の存在はいつも予測不可能で、自分が知らぬ間に見ないようにしていた感情に気づかされる。

 はっきりとした他人からの抵抗、訴えは無視できない。そういうものを受け容れることが必要なのだと思いながら、やれることを少しずつやってきた。それ以外にも、自分とは関係のない空間で他人が淡々と過ごしている姿を見ることで、ぼんやりと自分の中に浮かび上がってくる感情もある。その人のどこに緊張があるとか、どういう無理をしているとか、どういう意図があるとか、そういうことからではなく、なんとなくそうして目の前のその人は生きているのだなと、どこに向かうのでもない時間を過ごしていると、自分もまたなんとなくこうして生きる以外には特にできないのだと感じる。
 そのとき、また書き始めようという気分になる。

平均化訓練のエクササイズについて

毎日腕を上げたり、下げたりしている。気分に合わせて、重いものを持ったり、何も持たなかったりする。
ゆっくり動かすと、無理をして動かしている部分がわかる。その部分の力は抜いて、できるだけ無理せずに動くように心がける。
少し重いものを持って手を上げ下げするエクササイズとして、講座でも紹介しているものである。
しばらく上げ下げしていると、徐々に体も柔らかくなる。
それから、片脚を持ち上げたり、しゃがんだりもしてみる。
脚の動きまで入れると、無理をしている部分がさらに見えてくる。

特に、執筆、カウンセリング、講座の前後は必ずやる。
前にやると気持ちが整い、後にやるとその前に取り組んでいたときにあった自分の頑なさが見えてくる。

手放さないで先に進もうとする人が苦手だった。
そして、自分自身も手放せずに先に進めていないことを認められなかった。

必死に考えを訴える姿は、手放さないことを表現している。
しかし、訴えも過ぎたときには、もう破裂寸前の風船みたいになっている。
その風船はどこをどう触れても破裂してしまうだろう。

そのときにふと自分を省みること。
自分はこんなに必死で、こんなに守っていたということがわかったとき、身動きのとれない状況からすんなりと動けるようになる。

成功すれば高揚感。失敗すれば焦燥感。そして、焦燥感を打ち消すための改善や新たな行動。
これらの繰り返しをする以上、成功しても、失敗しても、同じ円の中に自分を閉じ込めることになる。

円の中から抜け出したい。
それは、自分が今していることを単純に否定することではない。
気持ちを落ち着けて、成功したときの思い上がり、失敗したときの惨めさの中に分け入っていく。
そうすると、自分がどこを固めたまま動いているのかが見えてくる。
そして、自分がどんな円に閉じ込められているのかが見出される。